MENU

高級シャンプー,おすすめ,ランキング,安いシャンプーはよくない

高級シャンプー,おすすめ,ランキング,安いシャンプーはよくない

安いシャンプーはよくない!ふけの原因になるって本当?

毎日使うものは、少しでも安いものを使いたいと思うのが現実です。
でも、気がつかないうちに安いシャンプーが原因で、フケに悩まされる羽目に陥っているかもしれません。
安いシャンプーは、どうよくないのか、本当のところを見ていきます。

 

 

シャンプーの危険な成分とは

シャンプーは、水、界面活性剤、保湿成分、コンディショニング成分、香料の5つで構成されています。
5つの中で水と界面活性剤が8割以上を占めています。

 

そこへ、特徴を出すために保湿成分やコンディショナー成分
(これはペーハーを整えるためのものも含みます)、香料を加えたものが売られています。

 

汚れを落とすためには、界面活性剤が必要です。
頭皮には皮脂など油分が多いため、水と脂が乳化しなければ落とせないからです。

 

シャンプーの成分として危険と言われるのは、この界面活性剤の中に汚れを落とすだけではなく
必要以上にうるおい成分を洗い流してしまうものがあるからなのです。

 

普通にスーパーなどで手に入るものは、あまり良いとは言えないものが多いです。
安くシャンプーを作るためには、コストを抑えるためにラウレス硫酸アンモニウムやラウリル硫酸Naなどの原価の安い界面活性剤が使われています。

 

洗浄力、脱脂力が強力で頭皮に最低限必要なうるおいも丸ごと流してしまうのです。
必要な潤いが肌に残らないということは、頭皮が乾燥する原因をわざわざ作っているようなもの。
この乾燥が、フケや抜け毛、かゆみの原因になっています。

 

それだけではなく、石油系界面活性剤の代表ともいわれている

 

ラウレス硫酸アンモニウムやラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸アンモニウムやラウリル硫酸Na

 

は皮膚への刺激だけではなく経皮毒とも言われる成分。
分子量の小さいラウリル硫酸アンモニウムやラウリル硫酸Naの方がより皮膚に吸収される危険があります。

 

安いシャンプーが良くないのは、この原材料のためです。

 

界面活性剤の他に添加されている成分の働きで、指通りが良くなっていたり清涼感がするものなど
いかにも良さそうなシャンプーがありますが、ごまかされているだけということを知らなければなりません。

 

 

安全なシャンプーとは

安全なシャンプーは、上の項で説明した石油系の界面活性剤を使っていないもののことです。
シャンプーの界面活性剤でもアミノ酸系のものを選べば安心して使うことができます。

 

中には天然由来のものもありますし、界面活性剤だけではなく
ノンシリコンであったり、香料が天然由来、うるおい成分が天然由来というようなオーガニック系のものがありますから、
好みや髪の状態、予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

高級シャンプーは高いだけ、と思われている方のなかで、今までフケや乾燥に悩んでいたという場合、
そのための保湿剤やフケのためのヘアトニックなどシャンプー以外の出費も多かったはず。

 

とすれば、シャンプーそのものにかけられる金額を増やせるのではないでしょうか。

 

本当に良いシャンプーは、結果的には安上がりなのです。
賢く選ぶことが大切です。

 

髪に本当によい成分だけを使用しているシャンプーに変えると、髪のきしみを感じたり泡立ちが物足りないことがあります。
シャンプーの性質を理解した上で、目指している効果が出てくるまで辛抱強く付き合い続けることも大切です。
健康な髪に戻すには、ある程度の時間も必要なのです。

 

 

高級シャンプーなら、フケの心配なし

髪に良くない界面活性剤の名前はわかったけど、髪にいいシャンプーはどこで買えばいいの?
そんな声も聞こえてきそうです。

 

そんなときは、髪に良くない界面活性剤を使用していない、高級シャンプーのおすすめランキングを参考にしてはいかがでしょうか。
実際に使った方の評判がランキングになっているので、かなり信頼できると思います。

 

高級シャンプーと言ってもお得なキャンペーンもあり安く買えることもありますし、
お値段手頃なものもランキングに上がっています。

 

高級シャンプーなら、もう肩のフケを気にして後ろ姿が気になることもなくなります。
安いシャンプーは卒業して、髪も地肌も健康を取り戻しましょう。

高級シャンプー,おすすめ,ランキング,安いシャンプーはよくない

高級シャンプー,おすすめ,ランキング,安いシャンプーはよくない